八幡平特産品

そば蜜バナナバウム

分量(人数)
2人分(4切れ分)
調理時間
15分

八幡平のそば粉にそば蜜を組み合わせ、卵焼き用の角フライパンでバナナを芯にしてバウムクーヘン風に焼きました。健康効果が期待されるそば粉を主体にして、甘さを控えたヘルシーおやつです。

材料

材料
分量
A 10割そば粉(わんだい高原産蕎麦粉)
50g
A 薄力粉
20g
A ベーキングパウダー
小さじ1
B 卵
1個
B そば蜜(山本養蜂場 天然はちみつ・そば蜜)
大さじ1
B 砂糖
小さじ1
バター
15g
牛乳
140ml
バナナ
1本
キャノーラ油
適宜

作り方

1

バターを電子レンジにかけて溶かす(600Wで20秒)。
バナナは卵焼き用の角フライパンの左右幅に合わせてカットする。
Aを混ぜてふるいにかける。

2

ボウルにBを入れてホイッパーですり混ぜる。なめらかになったら、溶かしバター、牛乳、Aの順に少しずつ加えて混ぜる。

3

卵焼き用の角フライパンをキャノーラ油を薄くひいて熱し、②の生地をおたま1杯分広げて焼く。表面が半乾きになってぷつぷつと穴があいてきたら、巻きすに取り出してバナナを芯にして巻く。残りの生地も同じように焼いて巻き重ねていく。

4

焼き終わったら乾かないようにアルミホイルで包み、粗熱が取れたら食べやすいサイズ(4等分)にカットする。