八幡平特産品

舞茸と蕎麦の実のスパイシーサラダ

分量(人数)
2人分
調理時間
25分

グリルした舞茸と炊いた蕎麦の実にスパイシーなドレッシングを合わせた一品です。
「香り高い安比舞茸」と「そば蜜の蜂蜜、クミンやコリアンダーなどの香辛料を使用したドレッシング」の香りの相乗効果が美味しいサラダです。

材料

材料
分量
安比舞茸
300g
蕎麦の実
50g
120cc
A くるみ
30g
A ニンニク(スライス)
5g
A コリアンダーシード
小さじ1/2
A クミンシード
小さじ1/2
蜂蜜(そば蜜)
大さじ2
バルサミコビネガー
大さじ3
ルッコラ
30g
EVオリーブオイル
大さじ3
適量
胡椒
適量

作り方

1

安比舞茸は一切れ30g位の大きさにカットしボールに入れる。
EVオリーブオイル(大さじ2)、塩・胡椒適量を加えて混ぜ合わせたら、オーブンシートを敷いたオーブン鉄板に広げ、230度に予熱したオーブンで8〜10分、いい焼き色がつくまでグリルする。

2

蕎麦の実を小さめのフライパンに入れて2〜3分乾入りしたら水120ccを加える。
強火にして沸騰させ塩ひとつまみを加える。
弱火にして蓋をし15分炊いたら火を止めて5分蒸らす。

3

別のフライパンにEVオリーブオイル(大さじ1)とAを入れて弱火にかける。
ニンニクの香りがたってきたら蜂蜜を加えて泡立つまで熱したら一旦火を止める。
バルサミコビネガーを加えて再度火にかけ2〜3分煮詰める。

4

③に①と②と食べやすい大きさにカットしたルッコラを加えて全体を混ぜ合わせたら、塩・胡椒で味を整え、器に盛り付ける。